スタッフブログ

【相談者紹介】得意を活かす新事業とは!?NPO法人東京自立支援センター様@国立市

苦境脱却の一手はパン工房!Tomonyの人気パン紹介

コロナ禍で激減した仕事に代わる事業を模索しつつKuni-Bizにお越し下さったNPO法人東京自立支援センター様。

2010年の設立以来、布おしぼりの洗濯や包装、宿泊施設や社内清掃などで就労継続支援A型/B型の委託業務事業を営んできましたがコロナ禍で仕事は激減。代わる新事業は何かないだろうか。働くことが大好きなメンバーたちと共にこれからも歩んでいくにはー。Kuni-Bizにお越しくださり、そんな思いをお話しくださいました。

ここからKuni-Bizでの作戦会議を重ね、パン工房Tomonyが誕生します!

パン工房Tomonyの誕生までのストーリーはコチラ 支援事例でご紹介しております!

 

メンバーの中にパンやお菓子の調理技術を学んだ経験者がいたことから、得意な作業を活かすことできる!ということで始まったパン工房Tomony。

素材にもこだわり、小麦は北海道産の「春よ恋」を使用。酵母も天然の「白神こだま酵母」を使用しているそうです。

メンバーには数カ月かけて生地の延ばし方・模様のつけ方などの技術を身につける『修行』という取り組みも行われます。

大人気の商品は『カメロンパン』!亀を模したかわいい形のメロンパンです。 ノーマルメロンパンのカメさんの中身はホイップクリーム入り、ミドリガメさんはホイップクリームの他に抹茶クリームもサンドしてあるそうです。

カメロンパン達は、メンバー全員で必ず一個ずつ作り、顔を描く作業も順番に描くのだとか。

メンバー皆さんから生みだされるカメロンパンは表情豊かでとてもかわいらしいのです。

手作りならではの魅力ですよね!

他にも種類豊富な惣菜パンや”焼き”カレーパン、ミルクフランスなども飛ぶようになくなっていくそうです。

製造したパンは、主に国立市で倉庫業を営む国立倉庫株式会社の協力のもと、テナント(日本郵便株式会社、株式会社近鉄ロジスティクス・システムズ)向け出店販売をしているほか、府中市内の老人ホームなども販売先に加わり大好評のパンとなっています。

Instagramのストーリーズを見ていても完売御礼の様子がわかり、Kuni-Biz事務局一同嬉しく思っております。

また、販路のひとつとしてKuni-Bizでは国立市観光まちづくり協会のフィルムコミッションでの「ロケ弁」登録を行って”ロケパン”として販売を提案しました。こちらもメニューとしてホームページに掲載されています。

今後も販路拡大を目標としてKuni-Bizも、ともに歩んでいく予定です!

パン工房Tomony

◇Instagram


Kuni-Bizへのご相談予約はこちらからどうぞ!

営業日時 火曜日~土曜日 / 9:30~17:00

相談時間 1日5組 各回60分

(9:30~10:30/ 11:00~:12:00/  13:00~14:00/ 14:30~15:30/ 16:00~17:00 )

くにたちビジネスサポートセンター

関連記事

くにたちビジネスサポートセンター

国立市富士見台3-16-4
     国立市商工会館2階

  • 開所日祝日を除く火~土曜日
  • 営業時間9:30~17:00
  • 電話番号042-505-5782
  • FAX番号042-505-5783
ページ上部へ戻る