スタッフブログ

\センター長コラム/【無料で売上を伸ばす】「感謝」の可視化が利益【第7回/全7回】

ITコラム

利益は結果論

くにたちビジネスサポートセンターの小島和敏です。前回に引き続き、くにビズ式経営支援についてお話したいと思います。

人類史上、現代の経営者は「最もダイナミックで遣り甲斐のある職業」です。しかし、経営者は日々厳しい決断を迫られて常に孤独な存在。そうしたみなさまの相談相手として我々がいます。しかも無料で。でも、一体何をしてくれるの?我々のような経営相談やコンサルティングは利用機会も少なくイメージが湧きにくいかと思います。全7回に渡って支援事例(と他ビズ支援事例を拝借)を基にビズモデル型経営支援を解説していきたいと思います。前回は「価値の届け方を工夫する(連携する)」についてお話しました。今回はくにビズがお手伝いした事例を基に「価値の届け方を工夫する(連携する)」についてお話したいと思います。シリーズ最終回です。
【→前回記事】

国立市内の「価値の架け橋」

NPO東京自立支援センター様

東京自立支援センター様が営む事業は障害者就労支援。障害者就労支援は社会的意義のある事業。製造・販売するパンは味・見た目・価格の三拍子揃った商品。この二つの価値をどう届けるのが良いか?まず「パン」として差別化するため映画やテレビに撮影場所・ロケ地提供をしている国立市フィルムコミッションで「ロケ弁」ならぬ「ロケ『パン』」として申請登録。販売場所としては国立市内事業者(国立倉庫様・NHK学園様等)にご賛同・ご協力いただきました。それらのプレスリリース。結果、読売新聞様に掲載いただきました。パンというありふれた商品を「誰がどうやって作った」という想い(ナラティブ)を加えることで価値の届け方を工夫しました。

SiSSY.japon様

SiSSY.japan様が営む事業はブランド品販売・買取。メイン顧客層は女性。その女性の意見として「リユース・ショップは入りづらい。かといってフリマアプリは面倒」という声が多数ありました。そこで「よく行く信頼の置けるお店でブランド品売却が出来たらどうか?」という発想が基となり、出張買取サービス「Nagara」を開発しました。お客様のニーズと届ける価値が明確だったため橋の架け方は容易に決まりました。それはお店や人にファンが居て高頻度で訪れる場所、美容室・ネイルサロン・マッサージ等です。地域密着型の個店という特色・人脈をフル活用し、提携店は現在12店舗(2022年6月時点)で更に拡大中。誰かが何かに困っているならば出向いて解消することも価値を届ける一つのパターンとなります。

株式会社ソーキ様

ソーキ様が営む事業は栄養機能食品の製造・販売。三越伊勢丹等の大手百貨店や成城石井・紀伊国屋等の高級スーパーと取引があり、お客様は比較的ゆとりがあり健康意識が高い層。「安心・安全な『食』と『健康』」をテーマに美味しい食品を食卓に届けています。栄養価が高く手軽に食べられて美味しい、その価値を求めるお客様は他にいないか?そこで目を付けたのが酒類市場。昨今ビール業界では「糖質ゼロ」「プリン体ゼロ」など健康志向が売りになっています。「食べて健康!おつまみ特集」と商品を再定義し新たに酒販チャネルを開拓しにいきました。トレンドを与して価値を軸に視点を変えることで新たな顧客&チャネルが見えた事例です。

「感謝」の可視化が利益

お客様が価値を認識・理解し、実体価値が期待価値を上回ると「感謝」が生まれます。この「感謝」を具象化したものが「お金」です。商売していて「お金を払ってもらっているのに感謝されるのはなんでだろう?」と不思議に思ったことはありませんか?それはお客様が価値差分を感じているからです。感謝の気持ちを表す手段としてお金を払うのです。儲けようとしても儲かりませんが「儲からなくてもいい」というのは違います。儲けは結果論ですが、儲かったということは感謝すなわち社会全体の幸せの総和を増やしたご褒美なのです。あなたの事業は幸せを増やせていますか?では、もう一度くにビズ式売上改善の3つの視点を振り返ります。

1. 価値を再定義し見える化する(強み発掘)
2. 価値を感じる相手を考える(ターゲット設定)
3. 価値の届け方を工夫する(連携する)

早いもので本日で8月も終わり。既に2学期が始まったお子さんも多いかと思います。ちゃんと宿題は終えて学校に行きましたでしょうか?大人のほうの宿題は終わりがなくずっと続きます(夏休みは短いけれども)。あなたが事業を始めた理由は何でしょう?あなたの事業は価値を提供できていますか?継続してお客様から感謝や笑顔をいただけてますか?くにビズではそのお手伝いをします。ぜひお越しください!

※「センター長コラム」は不定期にお届けします。
※視察・講演・寄稿などご希望あればお気軽にご相談ください。


◇Kuni-Bizへのご相談予約はコチラ↓↓からどうぞ◇

くにたちビジネスサポートセンター

営業日時 火曜日~土曜日 / 9:30~17:00

相談時間 1日5組 各回60分

(9:30~ / 11:00~ / 13:00~ / 14:30~ / 16:00~ )

電話   042-505-5782

関連記事

くにたちビジネスサポートセンター

国立市富士見台3-16-4
     国立市商工会館2階

  • 開所日祝日を除く火~土曜日
  • 営業時間9:30~17:00
  • 電話番号042-505-5782
  • FAX番号042-505-5783
ページ上部へ戻る